経済の仕組みを90分で体験するキャッシュフローゲーム会

金持ち父さん貧乏父さんとは

金持ち父さん貧乏父さん

世界で2800万部を売り上げるベストセラー。

あらゆるお金の本から参考文献に上げられている
「お金」の教科書と呼ばれる本です。

タイトルと違い、お金儲けの本ではありません。
しかし、お金儲けについても書いてあります。

2つのことが矛盾しているように感じ「どういうことだろう?」と思うかもしれません。

この本は、お金の性質について書いてあります。

お金は放っておくとどうなるか。
人はお金に対してどう考えて、どう動いてしまうか。

それを説明するには、お金のある人、ない人、お金を増やした人、減らした人
を題材にしているのです。

だから、お金を増やした人の話に注目すればお金儲けの本といえますが、
本質はもっと広い所にあります。

一般的な世の中の本と別の視点で書かれているため、
もし何かの変化を望むのであれば、一度は読んでみるべき必読書と呼べるかもしれません。