経済の仕組みを90分で体験するキャッシュフローゲーム会

「ラットレースとは?」由来と意味

「ラットレースとは?」由来と意味

本の中で、貧乏父さんの世界はラットレースと呼ばれています。

 
そもそも「ラットレース」は、
よくハムスターがクルクル回している「回し車」を
走り続けることです。
 
 
「the」を付けた用語を和訳すると
 
 
[the rat race]
(口語)
 (特に企業における労働者仲間の)きりのないばかげた競争,猛烈な出世競争
 
 
と書かれています。
 
 
さらに、回し車を走っているハムスターを想像すると、
込められた意味合いが分かってきます。

どこまで行っても景色は変わらない

 
ラットレースという用語には、
 
  • 回し車を回すハムスター(ラット)
  • 一般サラリーマンの生活
が同じだという強烈な皮肉が込められています。
 
 
これはバカにしているわけではなく、
特徴を強く伝えるために、あえて、この単語が使われています。
 
 
強く伝えたい内容は複数あります。
 
 
  • どこまでどこまで走っても景色は変わらない
  • 速く走っても、ゆっくり走っても、出てくる餌の量は変わらない
 
さらに
 
  • 走った後に謎の満足感が得られている
 
私は昔、小型のハムスターを飼っていました。
品種はブルーサファイアハムスターで、名前はアオちゃんといいます。
 
アオちゃんは見るたびに回し車を走っていました。
 
 
そして、回し終わった後に満足気な表情をこちらに向けてきました。
それが可愛らしいのですが、現実に置き換えると、見える内容が変わってきます。
 

ラットレース以外の世界がある

 
もしラットレースの世界しか無かったら、
わざわざ「ラットレース」なんて言い回しをする意味がありません。
 
 
全く逆の世界、金持ち父さんの世界「ファーストトラック」が存在します。
 
 
ファーストトラックでは
 
 
  • 走るたびに新しい景色に出会える
  • 走る速度によって、結果が大きく変わってくる
  • 走った後に意味のある目的(ゴール)を達成できる
 
と、全く逆の特徴があります。
 
 
この用語を使ってロバートキヨサキが言いたいことは
たった1つです。それは、
 
 
「ラットレースからファーストトラックに移る道が存在する」
 
 
ということです。
 
 
その道はゴリラやサメがうようよいる厳しい道とのこと。
 
その道を行くか行かないかは別にして、
「その道の存在自体を知らかった」
とかなったら後悔する可能性が高い気がします。知ることは重要です。

金持ち父さんシリーズの用語・学びカテゴリの最新記事